ハハコグサ(母子草)

  • 2015/12/25 : 狭山丘陵の四季
  • 前回はいったいいつ載せたんだろう・・と思い出せないくらい久々の登場です。
    ブログ内を検索したところ、5年ぶりの掲載でした。
    ものすごく当たり前に、春から晩秋までどこかで見かける花です。


    ハハコグサ(母子草)


    どこにでもあると咲いていてもついスルーしてしまいます。
    今年の春は気まぐれに撮っていたので忘れないうちに一度登場させておこうかと・・
    これも春を思わせる黄色ですね。

    【写真】
    ハハコグサ母子草) キク科
    春の七草ゴギョウ御形)はこれ。
    あと2週間もしたら七草粥を食べると思うと、正月もあっという間に通り過ぎて行きそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2015/05/23 13:41:26
    Tv 1/250
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    草餅といえばヨモギのイメージですが、古くはハハコグサが使われたそうです。
    味や香りはどうなんでしょう。
    七草粥になると量が少ないし他のものも混じっているし・・


    ハハコグサ(母子草)


    花をアップで見ると2種類の小さな花が集まって頭花を形成していることが分かります。
    中心に五裂した大きめの両性花があり、周囲を小さな雌性花が囲んでいます。
    この構造はどこかで見たような。


    ハハコグサ(母子草)


    コヤブタバコ(←クリック)なんかも同じ構造なんでした。
    キク科にはよく見られる構造のようです。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ハハコグサ 母子草 キク科 春の七草 御形 ゴギョウ 草餅 七草粥 狭山丘陵 野草

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ハハコグサ

    ハハコグサの花の構造なんて気にしたことが無かったので勉強になりました。
    小さな花がまとまっているにしても、こんなになっているとは驚きです。
    フワーッとした綿毛に全身が覆われているのが由来なら嬉しい名前ですね。
    小さいころから慣れ親しんだ花、ずーっと丘陵や畑や庭に咲いていてもらいたいです。

    Re: ハハコグサ

    sage55さん
    > ハハコグサの花の構造なんて気にしたことが無かったので勉強になりました。
    > 小さな花がまとまっているにしても、こんなになっているとは驚きです。
    > フワーッとした綿毛に全身が覆われているのが由来なら嬉しい名前ですね。
    > 小さいころから慣れ親しんだ花、ずーっと丘陵や畑や庭に咲いていてもらいたいです。
    ----
    私もまったく気にしたことがありませんでした。
    撮っているときに真ん中に大きな花があるな・・と思ったので調べてみました。
    ありきたりの雑草ですが知らないこともたくさんあるものです。
    狭山丘陵は、せめて今の環境を維持していって欲しいものです。
    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR