クモキリソウ (蜘蛛切草、蜘蛛散草、雲霧草)

  • 2016/06/24 : 野の花
  • 地球上でもっとも種類が多い植物はキク科、2番目がラン科だそうです。
    3番目がマメ科で、この3科の種類がずば抜けて多く、3つ合わせて6万種くらいとのこと。
    当ブログを見返すと、ここ4日でマメ科(クララ)、キク科(ヒメジョオン)、そしてラン科クモキリソウ)と御三家そろい踏みです。


    クモキリソウ (蜘蛛切草、蜘蛛散草、雲霧草)


    ラン科の植物は全世界で18000種とも2万種ともいわれています。
    日本に自生するのは230種くらいだそうなので、とりあえず一割くらいは見たのかなという感じです。
    野生のものは地味なのが多いですね。

    【写真】
    クモキリソウ蜘蛛切草蜘蛛散草雲霧草) ラン科
    小さくて目立たないですが、ラン科の特徴を備えています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    Tv 1/250
    Av 4.0
    ISO感度 1250
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    埼玉県RDB2011:準絶滅危惧


    何か所かチェックしていますが、あまりの株の多いのはなかったです。
    時期的に少し早かったのか、蕾の数はまぁまぁありましたけど。


    クモキリソウ (蜘蛛切草、蜘蛛散草、雲霧草)


    これはの形がわかりやすいかと思います。
    ずい柱の先端の粉塊も写ってますね。
    中央の幅広のが唇弁、茎に沿った細い2本が側弁、3方向にまっすぐ伸びるのが側萼片と背萼片。


    クモキリソウ (蜘蛛切草、蜘蛛散草、雲霧草)


    本日のトップニュースは英国の国民投票の結果~EU離脱、これにつきますね。
    どの報道も明日にでも離脱してしまうような書きっぷりですが、国民投票自体には法的拘束力がないそうです。

    離脱までにはいろんな交渉ゴトもあるので、早くて数年かかるでしょう。
    おそらく、離脱の負の部分が先に表れて結局離脱はできない・・ということになるのではないかな、なんて素人目には見えてしまいます。
    さて、5年後のヨーロッパ、そして世界はどうなっているでしょうね。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : クモキリソウ 蜘蛛切草 蜘蛛散草 雲霧草 ラン科 野草 ずい柱 EU 国民投票

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    クモキリソウ

    1位キク科、2位ラン科、3位マメ科納得です。

    今日は忙しくほとんどテレビも見ていませんが、夜のニュースでちらっと、離脱派が少しだけ多かったというのをしりました。
    離脱するにしても、離脱しないにしてもそれぞれ問題があり、投票するにあたって、悩んだ方も多かったのではないでしょうか。
    それにしても、高い投票率でしたね。
    日々の生活に影響することなので、関心もたかくなるのでしょうね。

    クモキリソウ

    1位キク科、3位マメ科というのはなんとなくそうだろうなと思いましたが、ラン科が2位というのは少し驚きました。

    イギリス、アメリカ、日本も含めて世界全体が変な方向に向かっているような気がします。
    日本も参議院選挙が行われますが、その前の都知事の問題にしても社会保障費や消費税など情けない話ばかりです。
    18歳選挙が新たに始まるのにその教育もしないでいいのかしらと気になることだらけですし、若い人の投票率が気になりますね。
    一昨日期日前投票に行ってきました。

    クモキリソウ

    しげしげ観察したくなるお花ですね~。

    こちらの自生の蘭は、ガイドによると結構派手な花が咲くものもあるらしいんですが、まだ見かけたことがありません~。いつか見てみたいです。

    クモキリソウ

    やはりランは良いですね♪
    今日はオオバノトンボソウを見に行きましたがまだ少し早かったです。
    でもコクランがそろそろだとか。明日はコクランも確認に行って来ます!

    Re: クモキリソウ

    nonohana626さん
    > 1位キク科、2位ラン科、3位マメ科納得です。
    >
    > 今日は忙しくほとんどテレビも見ていませんが、夜のニュースでちらっと、離脱派が少しだけ多かったというのをしりました。
    > 離脱するにしても、離脱しないにしてもそれぞれ問題があり、投票するにあたって、悩んだ方も多かったのではないでしょうか。
    > それにしても、高い投票率でしたね。
    > 日々の生活に影響することなので、関心もたかくなるのでしょうね。
    ----
    1位、2位は知っていましたが3位は調べてみて納得という感じです。
    下馬評とは異なる結果になりました。
    どうやら2年後くらいに脱退になるようなスケジュールのようですが、脱退するデメリットのほうが大きいように思います。
    特に若い人は圧倒的に離脱反対だったそうですが、まぁそうだろうなと。

    Re: クモキリソウ

    sage55さん
    > 1位キク科、3位マメ科というのはなんとなくそうだろうなと思いましたが、ラン科が2位というのは少し驚きました。
    >
    > イギリス、アメリカ、日本も含めて世界全体が変な方向に向かっているような気がします。
    > 日本も参議院選挙が行われますが、その前の都知事の問題にしても社会保障費や消費税など情けない話ばかりです。
    > 18歳選挙が新たに始まるのにその教育もしないでいいのかしらと気になることだらけですし、若い人の投票率が気になりますね。
    > 一昨日期日前投票に行ってきました。
    ----
    日本には自生種が200あまりしかないのでそんなに多いの!?という感じですね。
    マメ科は納得感ありますけど。
    なんだかいろんなことが思わぬ方向に動き出して、混とんとしてきた感がありますね。
    EUも他国への波及もあるので甘い顔はできないでしょうし、2年くらいで離脱ってことになっちゃうかもしれないなと思うようになってきました。
    安倍政権も一度憲法は引っ込めて、いい加減「第三の矢」なるものを見せてくれないとアベノミクスだかクロダノミクスだか知らないけどずっこけるんじゃないですかね。
    うちは息子が選挙デビューです。

    Re: クモキリソウ

    LimeGreenさん
    > しげしげ観察したくなるお花ですね~。
    >
    > こちらの自生の蘭は、ガイドによると結構派手な花が咲くものもあるらしいんですが、まだ見かけたことがありません~。いつか見てみたいです。
    ----
    小さくて目立たない花ですが、構造を見たらラン以外の何物でもないという姿です。
    こちらも案外ランの種類は多いらしいんですが、まだ見ぬ花がいっぱいあります。
    足腰が達者なうちに見ておきたいものです。

    Re: クモキリソウ

    かずさん
    > やはりランは良いですね♪
    > 今日はオオバノトンボソウを見に行きましたがまだ少し早かったです。
    > でもコクランがそろそろだとか。明日はコクランも確認に行って来ます!
    ----
    地味な姿でもランはラン、いいもんです。
    通常ならオオバノトンボソウもコクランも一~二週間先のような気がしますが・・
    私も念のためコクランはチェックしておこうかと思います。
    ようこそ!
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR