ツユクサ(露草)

  • 2016/08/28 : 野の花
  • 名前のせいか、どうも梅雨時ののような印象があります。
    咲き始める時期が梅雨時ですが、秋まで咲いているので梅雨とは関係ないですね。
    今年も色の薄いツユクサが咲いていたので撮ってみました。


    ツユクサ(露草)


    ある一角はこの色のばかりなのでそういう遺伝子を持っているのでしょう。
    ツユクサは濃い青以外に薄い青、藤色、白、ピンクなどバリエーションがあるそうです。
    こちらで見かけるのは水色と藤色くらいで、白は見たことありません。

    【写真】
    ツユクサ露草) ツユクサ科
    淡い色のを咲かせるツユクサに、牧野富太郎博士がウスイロツユクサと命名したとか。
    薄色」を調べてみると、日本工業規格ではやや紫がかった淡いピンクみたいな色ですが。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/08/28 9:56:11
    Tv 1/60
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    朝開して昼には萎んでしまうので、朝露の「露」でしょうね。
    小雨が降ったりやんだりの天気にはこのが似合います。


    ツユクサ(露草)


    すぐそばに見慣れた色の花が咲いていました。
    雄しべは6本ながら、下に垂れ下がった2個の雄しべだけが花粉を出します。
    では残り4個の仮の雄しべは何のために!?


    山寺@五大堂からの眺め


    山寺シリーズの続き、その2。
    昨日の写真の左上に写っていた五大堂からの眺め。
    こうしてみるとかなり険しい斜面であることがわかります。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ツユクサ 露草 ツユクサ科 ウスイロツユクサ 牧野富太郎 薄色 野草 山寺 五大堂

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ツユクサ

    ツユクサ素敵ですねえ。
    大好きなのですが、時間限定の開花なので、活けることはほとんどありません。
    山形の友人が昨年急死したため、山形の景色を拝見しながら、友人と過ごした時間を懐かしんでいます。

    ツユクサ

    おなじみのこの花、私も大好きで庭にも抜かないで少しだけ咲かせています。
    昨年は真ん中の中心部だけピンクがかったのを見つけましたが、今年はまだ見ていません。
    藤色のもありますよね。
    白いものってどんなでしょうね。
    そうそう、「アオバナ」といわれる友禅染の下絵に使う染料もツユクサの仲間でしたっけ・・・

    露草

    大好きです~。

    同じものはこちらでは見れませんが(野草の本によると、北アメリカの東側では見られるところもあるそう)、こちら特有の小さいのが芝生に時々生えているので、ウォーキングの途中で楽しませてもらっています。すごい真っ青なんですよ。

    薄い色のも青いのも綺麗ですね。

    ほんと、必要性があって存在していない雄蕊、面白いですね。
    でも虫媒花はそういう「無駄なもの」があるのが素敵だと思います。虫の気をひくのに役立ってるのでしょうね、きっと。

    Re: ツユクサ

    nonohana626さん
    > ツユクサ素敵ですねえ。
    > 大好きなのですが、時間限定の開花なので、活けることはほとんどありません。
    > 山形の友人が昨年急死したため、山形の景色を拝見しながら、友人と過ごした時間を懐かしんでいます。
    ----
    この花は昼には萎んでしまいますから生け花にはできそうにないですね。
    山寺はなくなられたご友人と登られたんでしょうか。
    私も山寺には若いころの思い出があって、久しぶりに訪れてみました。

    Re: ツユクサ

    sage55さん
    > おなじみのこの花、私も大好きで庭にも抜かないで少しだけ咲かせています。
    > 昨年は真ん中の中心部だけピンクがかったのを見つけましたが、今年はまだ見ていません。
    > 藤色のもありますよね。
    > 白いものってどんなでしょうね。
    > そうそう、「アオバナ」といわれる友禅染の下絵に使う染料もツユクサの仲間でしたっけ・・・
    ----
    ツユクサの花は色のバリエーションがあるようですね。
    よく見かけるのは水色と藤色くらいに思いますが、ピンクもあるんですね。
    友禅の下絵に使うアオバナはオオボウシバナというツユクサの変種のようです。
    今でも使っているんでしょうか。

    Re: 露草

    LimeGreenさん
    > 大好きです~。
    >
    > 同じものはこちらでは見れませんが(野草の本によると、北アメリカの東側では見られるところもあるそう)、こちら特有の小さいのが芝生に時々生えているので、ウォーキングの途中で楽しませてもらっています。すごい真っ青なんですよ。
    >
    > 薄い色のも青いのも綺麗ですね。
    >
    > ほんと、必要性があって存在していない雄蕊、面白いですね。
    > でも虫媒花はそういう「無駄なもの」があるのが素敵だと思います。虫の気をひくのに役立ってるのでしょうね、きっと。
    ----
    ツユクサはアメリカの東海岸にもあるようですね。
    調べてみたら「introduced」となっていたので持ち込まれたものでしょうか。
    偽の雄しべで虫をおびき寄せているのであれば相当の知能犯に思えます。
    ツユクサは蜜腺を持たないので虫に対しては花粉しかメリットがないんじゃないかと思うんですが・・
    うじゃうじゃ咲いているので、繁殖には問題ないのでしょう。
    ようこそ!
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR