メナモミ(雌生揉)

  • 2016/10/17 : 野の花
  • この時期はべたべた引っ付く植物が多いです。
    昨日はチヂミザサとヌスビトハギの種がGパンの膝から下にびっしりくっついて、取るのに難儀しました。
    取った後もベタベタが取れずに洗濯機行きです。


    メナモミ(雌生揉)


    このメナモミもそのベタベタ系で、特に五本の総苞片の腺毛はいかにもくっつきそうです。
    の中心部に五裂した筒状、その周囲が先端が三裂した舌状が取り囲んでいます。
    茎にも総苞片にも長い開出毛が見られるのが特徴かと。

    【写真】
    メナモミ雌生揉) キク科
    または雌菜揉とも。
    小さななんですけどマクロで撮ると別の生き物みたいです。
    それにしても開出毛腺毛すごいね。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/10/15 13:17:26
    Tv 1/50
    Av 7.1
    ISO感度 1600
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    見るからにべたつきそうですね。
    独特の造形で被写体としてはとても面白いです。


    メナモミ(雌生揉)


    一年生草本ながら巨大に育ちます。
    大きいのは高さ1.5mほどもあろうかという堂々たる姿です。
    丸みのある葉も大きいし。


    メナモミ(雌生揉)


    当地における開は9月終わりくらいからで、10月初めが見ごろだと思います。
    今年はすっかり出遅れたと思っていたらのんきに咲いているのがありました。
    陽当たりとか、ちょっとした環境の相違で開花時期がずいぶん違ってくるようです。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : メナモミ 雌生揉 キク科 雌菜揉 野草 開出毛 腺毛 チヂミザサ 洗濯機

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    メナモミ

    くっつき虫には困りますよね。
    この後ぐらいから草むらを歩く時は要注意で歩くようにしています。
    メナモミは撮りにくくてうまく撮れないのですが、きれいに撮れていますね。
    小さな黄色い舌状花がちょっぴり出ているのが面白いです。
    開出毛と腺毛の凄さは迫力がありますね。

    メナモミ

    先週末に盛大に咲いてましたね。
    しかし漢字で書くと「雌生揉」とは・・・初めて知りました。

    Re: メナモミ

    sage55さん
    > くっつき虫には困りますよね。
    > この後ぐらいから草むらを歩く時は要注意で歩くようにしています。
    > メナモミは撮りにくくてうまく撮れないのですが、きれいに撮れていますね。
    > 小さな黄色い舌状花がちょっぴり出ているのが面白いです。
    > 開出毛と腺毛の凄さは迫力がありますね。
    ----
    ありがとうございます、なかなか撮りにくい花ですよね。
    独特の姿に惹かれます。
    この花はアップで見ると一番面白いと思います。
    ひっつき虫は弱りますよね・・コセンダングサみたいに刺さるのも厄介ですが、ベタベタ系も思いのほか難物です。
    連中も、繁殖するなら今なので必死なんでしょうけど。

    Re: メナモミ

    かずさん
    > 先週末に盛大に咲いてましたね。
    > しかし漢字で書くと「雌生揉」とは・・・初めて知りました。
    ----
    前からあんなにあったっけ!?と思うくらいありましたね。
    植物の漢字表記、思わぬ文字が当たっていることがあります。。
    ようこそ!
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR