送電鉄塔をゆく(41)~入間線シリーズ1(5)「またもや荒川・・」

  • 2017/02/28 : 送電鉄塔
  • このところ鴻巣とか桶川付近の鉄塔を追いかけています。
    場所柄かならず行く手を阻んでくれるのが荒川で、今回もご多分にもれず苦しめられました。
    ま~仕方がないですね・・いい運動だと思って自転車こぎましょう。

    入間線13号鉄塔荒川の河川敷にあって、6万6千ボルトの送電線としては異様に大きいです。


    入間線13号鉄塔


    しかもコンクリートの土台付きで、その土台がまるでブーツでも履いているかのような姿に見えます。
    この鉄塔付近は麦畑でしょうか、盛んに農作業中で接近できませんでした。
    なので番号札なしです。

    さて次の鉄塔との間には荒川が横たわっています。
    鉄塔から1kmほど下流の糠田橋を経由しないと対岸に渡れません。


    糠田橋から


    そういえば以前に新古河線の鉄塔を追いかけた際にもこの橋を渡ったんでした。
    写真中央の大きいのが50万ボルトの新古河線、右が入間線13号鉄塔、左が入間線14号鉄塔です。
    橋を越えて吉見総合運動公園を横切って、5km弱の迂回コースになりました。


    入間線14号鉄塔


    強風にあおられつつ入間線14号鉄塔に到達しました。
    この間だけでこの日の体力を半分くらい消耗した気分です。
    14号鉄塔は高さ88m、この電圧の送電線にしては大物です。


    入間線15号鉄塔


    入間線15号鉄塔から14号、13号を見ると大きさの違いがよくわかります。
    どうにか難関突破したものの脚力の衰えを否応なく感じてしまった・・

    つづく
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 電柱や鉄塔
    ジャンル : 写真

    tag : 鉄塔 送電線 青空 入間線 鴻巣 桶川 荒川 糠田橋 新古河線 吉見総合運動公園

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    入間線

    あっ、頭の部分が無い!
    と思ったら横から撮っていたんですね。
    荒川を超えるのは確かに大変そうです。
    一キロ走るのも、橋の上を渡るのも風が強くてきついでしょう。
    大きさの比較、ずいぶん違うものですね~

    入間線

    13号、確かにブーツをはいているようで、笑ってしまいました。
    14号まで、強風の中、5キロメートル弱ですか、お疲れ様でした。

    Re: 入間線

    sage55さん
    > あっ、頭の部分が無い!
    > と思ったら横から撮っていたんですね。
    > 荒川を超えるのは確かに大変そうです。
    > 一キロ走るのも、橋の上を渡るのも風が強くてきついでしょう。
    > 大きさの比較、ずいぶん違うものですね~
    ----
    真横から見るとだいぶ違って見えますね。
    やはり正面がいいかなと思います。
    荒川越えは、この辺りは橋が少ないので距離を走らざるを得ません。
    河川敷は吹きさらしで相当しんどかったです。
    大きい鉄塔は川を越えるためのものでしょう。

    Re: 入間線

    nonohana626さん
    > 13号、確かにブーツをはいているようで、笑ってしまいました。
    > 14号まで、強風の中、5キロメートル弱ですか、お疲れ様でした。
    ----
    ブーツのように見えますよね、なかなか洒落た鉄塔だなと。(笑)
    迂回は迂回でいい運動になります。
    ようこそ!
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR