ミミガタテンナンショウ(耳形天南星)

  • 2017/04/17 : 野の花
  • 昨年教えてもらったミミガタテンナンショウが今年も咲いたというので見に行きました。
    しかし・・ない、間違いなくこの場所のはずというところに、ない!!
    しばらく探してようやく見つけました。


    ミミガタテンナンショウ(耳形天南星)


    何のことはない、思い描いていたよりもずいぶん小さかっただけのことでした。
    昨年見たときはもうちょっと大きかったように思うんですが・・
    思い込みというのは面白いものです。

    【写真】
    ミミガタテンナンショウ耳形天南星) サトイモ科
    仏炎苞の上端がまるで耳たぶのように広がっています。
    葉の様子はいかにもテンナンショウ属らしいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/04/16 15:09:53
    Tv 1/320
    Av 4.0
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    昨年は3月21日に撮っていたので今年はえらく遅いタイミングになりました。
    そのかわり、昨年はまったく開いていなかった葉が今年はきれいに広がっています。
    本種らしく、葉にきれいな斑が入ってます。


    ミミガタテンナンショウ(耳形天南星)


    テンナンショウ属の根茎は天南星という生薬だそうです。
    名前の由来は葉の様子が星のようだとどこかで読んだのですがどこだったか思い出せません・・
    たしかに放射状に広がってますね。


    ミミガタテンナンショウ(耳形天南星)


    中に誰かが入っているようにも見えます。
    丸いのは付属体と呼ばれ、この下のほうにが付いています。
    仏炎苞をめくればの本体が見えるんでしょうけど、なんだかイケナイことをするような気がしたのでやめておきました。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ミミガタテンナンショウ 耳形天南星 サトイモ科 野草 テンナンショウ属 天南星 仏炎苞 生薬 思い込み

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ミミガタテンナンショウ

    そういえば、もうこの花の時期なんですね。
    昨年は3月23日に撮っていたのにすっかり忘れていました。
    その分はが展開していて、それが同時に見られるのも嬉しいですね。
    ちょっと変わったまるでカラーのような仏炎苞が魅力的ですね。

    ミミガタテンナンショウ

    いいですねえ。
    いい時に撮られたように思います。
    シックなお洋服を召され、スタイルもよく、舞踏会にでも行かれるのかなと思ってしまいました。

    メイン州の家の庭

    でテンナンショウ属のJack-in-thePulpit(アメリカテンナンショウ)が生息してたんですが、一度仏炎苞がはげしく動物だかなめくじだかに食べられたことがあって、花が丸見えになったのでそれを撮影したことがあります。
    http://blog.livedoor.jp/limegreen714/archives/40903158.html

    テンナンショウ属の植物はどれも興味深くて素敵ですね~。わたしはもう見ることがなくなっちゃいましたけど。

    Re: ミミガタテンナンショウ

    sage55さん
    > そういえば、もうこの花の時期なんですね。
    > 昨年は3月23日に撮っていたのにすっかり忘れていました。
    > その分はが展開していて、それが同時に見られるのも嬉しいですね。
    > ちょっと変わったまるでカラーのような仏炎苞が魅力的ですね。
    ----
    もうじき終わってしまうくらいの時期かもしれません。
    今年は遅めと言いつつ、さすがに4月も後半に入ってますし・・
    このくらい葉が開いたところが見ごろじゃないでしょうかね。
    花だけだとなんだか不気味な気がします。

    Re: ミミガタテンナンショウ

    nonohana626さん
    > いいですねえ。
    > いい時に撮られたように思います。
    > シックなお洋服を召され、スタイルもよく、舞踏会にでも行かれるのかなと思ってしまいました。
    ----
    耳たぶがちょっと切れていますけど、許容範囲だと思います。
    仏炎苞の縞模様がしゃれていますね。
    こんな模様のジャケットを見たことがあるような気がします。

    Re: メイン州の家の庭

    LimeGreenさん
    > でテンナンショウ属のJack-in-thePulpit(アメリカテンナンショウ)が生息してたんですが、一度仏炎苞がはげしく動物だかなめくじだかに食べられたことがあって、花が丸見えになったのでそれを撮影したことがあります。
    > http://blog.livedoor.jp/limegreen714/archives/40903158.html
    >
    > テンナンショウ属の植物はどれも興味深くて素敵ですね~。わたしはもう見ることがなくなっちゃいましたけど。
    ----
    拝見しました。
    すでに子房が膨らんでいるようにみえましたがどうでしょうね。
    仏炎苞をめくって撮るのも気が引けるので、たまには虫食いも悪くないかもしれません。
    この仲間たちはどれも魅力的ですね。
    こちらで見られるのはマムシグサとウラシマソウです。
    ようこそ!
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR