カラスビシャク(烏柄杓)

  • 2017/05/21 : 野の花
  • 初めてこのを見つけたときは結構うれしかったのを覚えています。
    しかし、ひとつ見つかると次々見つかるのは何ででしょうね。
    頭の中に認識パターンができるということなんでしょうか。


    カラスビシャク(烏柄杓)


    これは車の往来が激しい道路わきに生えていたものです。
    たぶん、遠からず草刈りに遭うんじゃないでしょうか。
    当地にはいっぱいあって、道端の雑草レベルかと思います。

    【写真】
    カラスビシャク烏柄杓) サトイモ科
    ウラシマソウのように付属体の先端が長く伸びています。
    なおウラシマソウテンナンショウ属カラスビシャクはハンゲ属で別属です。
    きれいに広がった三小葉が目印になります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/05/14 10:48:58
    Tv 1/50
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    道端の雑草ということで、仏炎苞をはがしての本体が見えるようにしてみました。
    上部の白い部分は小さな雄がびっしり並んでします。
    丸くて突起のあるのが雌です。


    カラスビシャク(烏柄杓)


    付属体が雄の下で仏炎苞と合着しているのがわかるでしょうか。
    テンナンショウ属付属体仏炎苞はくっついていないし、似ていても違いがあるものです。

    今日の埼玉地方は真夏の暑さでした。
    体調もよくないし、完全に引きこもりを決め込んでいます。
    あと2日くらい暑い日が続くようなので熱中症にご注意ください。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : カラスビシャク 烏柄杓 サトイモ科 野草 雑草 ウラシマソウ テンナンショウ属 付属体 仏炎苞

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    カラスビシャク

    おやおや、分解写真になっていますね。
    でもこのようにすると、中がよく分かって興味深さが増します。
    ただこの雌花と雄花、この様子は何とも言えないゾォーッとする感覚がします。
    こういう小さいのがブツブツある状態をのを田舎の方言で「いびし~」と言います。ちょっと苦手かも(笑)

    こんにちは

    この花は私も見つけると嬉しいです。いつも草刈りに遭うような場所に生えるので、毎年、なかなか同じ場所で見られませんが、今年も見つけたいものです。

    カラスビシャク

    こちらでは、簡単に出会えない花ですが、あるところにはあるのですね。
    はがして、見せていただいて、
    「はあ~~~、こうなっているんだあ」
    と、「あ」のところで、口を開けたまま、見入っていました。

    中身

    見れば見るほど不思議ですね…。

    Re: カラスビシャク

    sage55さん
    > おやおや、分解写真になっていますね。
    > でもこのようにすると、中がよく分かって興味深さが増します。
    > ただこの雌花と雄花、この様子は何とも言えないゾォーッとする感覚がします。
    > こういう小さいのがブツブツある状態をのを田舎の方言で「いびし~」と言います。ちょっと苦手かも(笑)
    ----
    謎のベールに包まれた部分ですね。(笑)
    開けてみたらこんなでした。
    うちの奥さんもこういうのものすごく苦手なんてすが、わからないこともないです。
    私の場合はむしろ好きかも!?

    Re: こんにちは

    多摩NTの住人さん
    > この花は私も見つけると嬉しいです。いつも草刈りに遭うような場所に生えるので、毎年、なかなか同じ場所で見られませんが、今年も見つけたいものです。
    ----
    雑草扱いで、草刈りがあるとバッサリいかれてしまいますね。
    刈られる心配のなさそうな場所でも確認しているので、見逃しはなさそうです。

    Re: カラスビシャク

    nonohana626さん
    > こちらでは、簡単に出会えない花ですが、あるところにはあるのですね。
    > はがして、見せていただいて、
    > 「はあ~~~、こうなっているんだあ」
    > と、「あ」のところで、口を開けたまま、見入っていました。
    ----
    こちらでは道路わきの雑草です。
    カラスビシャクはひとつの個体に雄花と雌花を備えているんですね。
    雌雄両方の花を持っているので、自家受粉を避けるために雌性先熟だそうです。

    Re: 中身

    LimeGreenさん
    > 見れば見るほど不思議ですね…。
    ----
    ちゃんと自家受粉を避ける仕組みもありますし、すごいものです。
    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR