FC2ブログ

カラムシ(茎蒸、苧麻)

  • 2019/01/30 : 未分類
  • ものすごく久しぶりに登場のカラムシです。
    ブログ内を検索してみたら、前回載せたのが2008年・・
    なんと11年ぶりの登場です。


    カラムシ(茎蒸・苧麻)


    毎年同じ場所に生えているのは認識してるんですけど、ちょっと地味なんですよね。
    写真は雄花で、白い葯が見えています。
    時にバネのような仕掛けで勢いよく雄しべを弾き出し、花粉を飛ばすそうです。

    【写真】
    カラムシ茎蒸苧麻) イラクサ科
    茎を蒸して繊維を取り出すというところから。
    新潟小千谷縮カラムシの繊維で織られているそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/09/09 13:27:08
    Tv 1/125
    Av 4.5
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    とはいえ当地には布が織れるほどのカラムシはなさそうです。
    古くから繊維を取るために栽培されていたそうですから、そういう名残なのかもしれません。


    カラムシ(茎蒸・苧麻)


    全体の姿はこんな感じで、いっぱいが咲いていても目立たないですね。
    それにしてもイラクサ科はどれも似ていて見分けに悩みます。
    カラムシはわかりやすいほうかな・・
    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : カラムシ 茎蒸 苧麻 イラクサ科 野草 新潟 小千谷縮 雄花 花粉

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    カラムシ

    イラクサ科の花は地味ですね。
    そのせいか、いろいろある種類の区別がつきにくいです。
    丘陵のカラムシだけでも数種類くらいあるというのをSさんから聞いたことがあります。
    でも、パチンと雄しべが弾けるように花粉を飛ばすのは面白いです。
    地味でも観察しがいのある花かもしれませんね。

    カラムシ

    1枚目の写真のカラムシ、素敵ですねえ。
    これだと、いけてみたいのですが、なかなか、いけるのは難しそうです。

    Re: カラムシ

    sage55さん
    > イラクサ科の花は地味ですね。
    > そのせいか、いろいろある種類の区別がつきにくいです。
    > 丘陵のカラムシだけでも数種類くらいあるというのをSさんから聞いたことがあります。
    > でも、パチンと雄しべが弾けるように花粉を飛ばすのは面白いです。
    > 地味でも観察しがいのある花かもしれませんね。
    ----
    超地味ですね、ぜんぜん目立ちませんし。
    イラクサ科は見ていますが、まだ何とか区別がつきそうに思います。
    ・・とか言いつつ、シーズンが終わったら大部分を忘れてしまうんですけど。
    小さな花もいろいろ工夫しているんだな、なんて妙に感心してしまいました。

    Re: カラムシ

    nonohana626さん
    > 1枚目の写真のカラムシ、素敵ですねえ。
    > これだと、いけてみたいのですが、なかなか、いけるのは難しそうです。
    ----
    そうですねぇ、さすがに生け花になった姿を想像するのは無理っぽい気がします。
    nonohana626さんなら何とかしてしまうのでしょうね。
    ようこそ!
    カレンダー
    05 | 2020/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    季(とき)の花 2

    フツウの生活
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR